スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

【遅くなりましたが、ご報告。終了しました~!】サポサポ project vol.11

今年も残りあと数時間。

2014年を振り返ると、まず一番に思い出されるのが、何と言っても、
サポサポの一環で関わることができた、
石巻市・北上小学校壁画プロジェクト(ヘキサポ)です。


この経験は大きい!と心から思います。


そして、めちゃくちゃ遅ればせながら、
サポサポ project vol.11も無事終了いたしました。

今回初めて、ブログ&ツイッター係を拝命したのですが、
いろいろと勉強になりました。


また、この3日間でいくつかサプライズというか、ギフトもありました。

20141231_1s.jpg

そのうちのひとつはこちら。↑
前回のサポサポでお買い上げいただいた鏡のメンテナンスにおよび、
日頃お世話になっている彼女のイメージ(左)で一枚刺してみました。

と、サポサポ出品作家である
デザイン科T先輩の皮袋(金属の可愛らしい動物型カードスタンド用)との
相性がばっちりということが発覚。

サイズも合うし、どこかネイティヴアメリカン調になって
超新鮮です。


◇◆◇


本年も本当にお世話になりました。
来年も、より良い年にしたいですね!
みなさまお風邪などひきませんように。
2015年もどうぞよろしくお願いいたします!

*un*





スポンサーサイト

2014.12.31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント

【もうすぐ開催】サポサポ project vol.11

2014年は2回目となるサポサポがもうすぐ開催されます。
場所はクリスマスムード満点な表参道。
素敵なプレゼントを見つけに来ませんか?



今回、私が出品する作品です。↓

◆こぎん刺しの手鏡
いろいろな糸で刺したこぎん刺しを、英国製手鏡に納めています。
サイズ: 直径65mm

04手鏡


◆こぎん刺しのフレーム(楕円)「四つ花っこ」
今回はフレーム作品も出品します。
サイズ: 200mm×250mm×20mm

01こぎん刺しのフレーム(楕円)


◆こぎん刺しのフレーム(長方形)「馬のクツワ筋入りの応用」
サイズ: 170mm×350mm×20mm

02ごぎん刺しのフレーム(長方形)


◆こぎん刺しのフレーム(小)
ミニサイズもありま~す!
左から、「name unknown2」「花この連続」「name unknown1」
サイズ: 約130×100mm×10mm

03こぎん刺しのフレーム(小)s


最後に定番のボタンシリーズです。

◆こぎん刺しのボタン(大)
サイズ: 直径48mm

05ボタン大


◆こぎん刺しのボタン(中)
サイズ: 直径38mm

06ボタン中


◆こぎん刺しのボタン(小)
サイズ: 直径25mm

07ボタン小

公式ブログ:サポサポproject vol.11 開催します!

【会期】
2014年12月19日(金)~12月21日(日)

【時間】
19日     15:00~19:00
20日、21日 11:00~19:00

【会場】
ギャラリー5610
東京都港区南青山5-6-10・5610番館
Tel:03-3407-5610
Web:http://www.deska.jp/

〇サポサポproject
facebook (サポサポproject 公式facebookページ)
twitter   (サポサポproject 公式アカウント @saposapoproject )



サポサポprojectは、2011年7月より開始した
東京藝術大学美術学部卒業生による復興支援プロジェクト。

ポストカードから絵画・工芸・彫刻など、作品の展示販売を通じて
ボランティア活動の後方支援をしています。

他にも素敵な作品はいっぱいです。
お気に入りの作品をご購入いただけると、支援金になりますので、
この機会にぜひ、お立ち寄りくださいませ♪




2014.12.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント

【始まりました!】谷中芸工展2014

いつもお世話になっている
谷中のPop inさんも企画参加している
第22回 芸工展2014が今日から始まりました。

Pop inさんの店内では、
私のこぎん商品もとっても素敵にディスプレイ
して頂いております♪

10418188_723442637732981_5020094292970326928_n.jpg
Photo by Reiko Haruta

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Pop in
谷中芸工展参加企画
「やねせん いろいろ」

2014.10.11(土)~26(日)10:00~18:00
※24(火)、20(月)、21(火)は定休日となります。

〒110-0002 東京都 台東区上野桜木1-8-6
電話番号 03-5685-1553
メールアドレス pop.in.info@gmail.com
ウェブサイト http://www.popin-gift.info/
FBページ
++++++++++++++++++++++++++++++++++++

芸工展のキーワードは
「まちじゅうが展覧会場」とのこと。

谷中、根津、千駄木、上野桜木、池之端、日暮里界隈を
ぶらぶらしてみたら楽しいかと思います。

台風が心配ですが、晴れてるうちにぜひ~!

*un*

2014.10.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント

【イベント情報】Pop in@ecute日暮里 2014/6/22(日)~29(日)

昨年に引き続き、2014/6/22~29エキュート日暮里コンコースの
イベントにPopinさんが出店されます♪


2013年の模様はこちら


ちなみに今年はサポサポ10と完全に重なるスケジュールです。
あたふたヽヽ 汗; 

【参加します!】サポサポ project vol.10:2014年6月27日(金)~29日(日)南青山・ギャラリー5160




そこで、昨日納品に行ってまいりました~。
ボタンひさびさw

暑い夏にも負けない?
バッキバキの配色です。

140615_1.jpg


こちらは、制作中の様子。
140615_2.jpg

納品後てくてく歩いた上野公園。
空が広かった~!
140615_3.jpg

梅雨はもう終わったのでしょうか?
140615_4.jpg

それにしても、ここ最近の上野公園は
どんどん快適になってきていますね。

カフェもいくつかできたし、噴水広場も整備され。
この日もたくさんの観光客の方々が集っておられました。
それはそれで平和な光景。


*un*



2014.06.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント

【終了しました!】サポサポ project vol.9

サポサポ project vol.9
おかげさまで大盛況のうちに会期を終えることができました。

4日間の会期中、
このプロジェクトに興味を持って足をお運びくださったたくさんの方々、
そして懐かしい面々にもお会いすることができました。
131226_00.jpg

最終日、撤収後の〆のミーティングにて、
4日間の売り上げ金額の発表~!
(ちなみに過去最高額をマーク!)
この瞬間がいちばん盛り上がります。
131226_09.jpg

今回もユニークな作品が多かったなぁ。
131226_01.jpg

と振りかえってしみじみ…。
131226_02.jpg

もちろん技巧派の作品も多数あります。
131226_03.jpg

たくさんの方々にお買い上げいただき、本当に感謝です!
131226_04.jpg

こぎんボタンを、さっそく髪留めに加工してくださった方も♡
Photo by Miho Kusakabe
131226_05.jpg

ピアスにも!
131226_07.jpg

キュート過ぎですね~♪
131226_06.jpg

私もアクリル毛糸のブローチをゲット。
髪留め用にゴムも付けて2wayに。
131226_08.jpg

連日、打ち上げにも参加させていただき、
本当に楽しい4日間でした。

来年は、イクサポという現地にいって
ワークショップ等を行う活動に参加したいと思っています。

みなさまからご支援いただいた貴重なお金が、
実際どのように使われているのか、
この目で確かめてこようと思います。

非力ながら、私にもできることから始めます。

次回は2014年6月を予定、その後は12月。
年に2回ペースとなります。

引き続き、サポサポ projectを温かく見守っていてくださいね~♪
un


2013.12.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント

«  | ホーム |  »

プロフィール

un

Author:un
◆un(ウン)/松田順子:こぎん刺し作家
埼玉県熊谷市出身。東京藝大美術学部工芸科染織専攻卒業後、某企業にてWebサイト制作及び管理に携わる。
その傍ら、津軽こぎん刺しに魅せられ、2010年鎌田久子先生に師事。追って作家活動を開始。
現在は展示を中心に、多方面とのコラボレーションも画策中。

◆こぎん刺しとは
江戸時代中期~後期に青森県の津軽地方、現在の弘前市付近の農村で生まれた「刺し子」。
当時のこの地方の法律により、綿の着用を禁じられていた農民たちが、寒冷な土地でも栽培できる麻で布を織り、貴重な綿の糸で保温と補強のため、野良着に刺し子を施したのが始まり。東北の厳しい寒さの中で生まれた、女性の手仕事です。

Twitter
instagram:works / instagram:life

◇Books
Joint Works
きほんの伝統柄から作る こぎん刺しのおしゃれ小物

----------
un's Kogin/Junko Matsuda

◆What is Kogin-sashi?

Kogin is a kind of needlework which started in the Tsugaru region around Hirosaki City of Aomori prefecture in the mid-Edo period (around 1700).
According to the regional law, farmers weren't allowed to wear cotton clothes at that time. So, women embroidered on working clothes made of hemp with precious cotton strings to retain heat and to reinforce the cloth because hemp was cultivable even in cold areas.
This piece was made by a woman from a cold climate in northeastern Japan.

検索フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。